ハイブリッド/EV車両向け

ハイブリッドカー、EV自動車に於ける絶縁監視は、感電の防止、電気火災の防止など、非常に重要な役割を負っています。

 Bender社では、ハイブリッドカー、電気自動車向けに、車両搭載専用モデルと充電スタンド専用モデルをご用意しております。

 車両搭載専用モデルは、車両に搭載することが前提である為、厳しい環境下でも、正確かつ確実に動作する設計となっており、充電スタンドは、実際の充電スタンドにて、繰り返しテストを行い、充電スタンドの電気パラメーターに対し、最適化させた商品であり、既存一般用途の絶縁監視装置を流用したものでありません。

 この絶縁監視装置の車両搭載量産モデルと充電スタンド専用モデルを製作しているのは、世界でもBender社だけです。

ハイブリッドカー、EV自動車向け絶縁監視装置に要求される主な事項

  • 強いショックや振動に耐える
  • 高い温度環境・高湿度でもきちんと動作する
  • 車両に載せる為、軽量、且つ、コンパクト

ハイブリッドカー、EV自動車で使用する絶縁監視装置は、これらの条件を満足させる必要があります。

Bender製品推奨モデル
IR155  ハイブリッド車両・EV搭載専用モデル
isoEV425  プラグインハイブリッド・EV充電スタンド専用モデル(2013年12月発売予定)

Bender社製品は、フォーミュラカーレースF1において使用されているハイブリッドシステムの為に、開発し、現在、日本、欧州のレーシングカーに搭載されています。

そして、その実績と信頼性から、欧州の多くの自動車メーカーに既に採用されています。

日本では、学生フォーミュラカー大会のEV車両で全数搭載され、感電防止に大きく寄与していると共に、国際規約にBender社IR155を搭載するよう求めています。


お問い合わせフォームへ

絶縁監視装置の選び方 へ 戻る