太陽光発電システム向け

 

太陽光発電システムにおいて絶縁監視を行うことは、火災防止、電気事故防止、人への感電防止など、非常に重要な安全対策です。

しかしながら、一方、太陽光発電システムで使用する絶縁監視装置には、最も過酷で、最も高い技術を要求されます。従って、太陽光発電システムには、専用設計された絶縁監視装置が必須です。

理由は、太陽光発電システム特有の電気パラメーターとその変位にあります。

太陽光発電は、大量の太陽光パネルを必要としており、その結果、通常一般の電気負荷と異なる特異な電気パラメーターの数値があり、正確な絶縁抵抗値の測定を困難にさせています。

またさらに、設備の設置環境、日照、気温、湿度により、その電気パラメーターは常に変化しており、そのことが絶縁抵抗を測定することを、さらに難しいものにしています。

従って、太陽光システム向けに設計されていない絶縁監視装置を使用した場合、不用意なアラームが出る、又は、実際、絶縁低下が起きているのに動作しないといった現象が出てきます。

そのような現象がありましたら、是非、一度、Bender社の太陽光向け絶縁監視装置をお試しください。


 

Bender製品推奨モデル
メガソーラー向け isoPV335
中小規模ソーラー向け isoPV425

Bender社の太陽光発電システム向け絶縁監視装置は、ドイツにおいて、実際の太陽光発電所でテストを繰り返し、いろいろな気象条件や事象から、製品自体を最適化したものです。

そのことから、世界、及び、日本で名だたるパワーコンディショナー・メーカーに採用され、既に多く納品され、信頼と実績がございます。

主な採用実績

  • SMA Solar Technology AG社 他海外大手電機メーカー各社
  • 国内大手電機メーカー